日本最大級のクラブハウス「ageHa」

Pocket

新木場のageHa(アゲハ)に、はじめていってきました。
アゲハというと、日本一で一番大きなクラブハウス。
Booyah(ブーヤー)で有名なShowtek(ショーテック)も来日したという、有名なクラブハウスですね。
世界中で著名なDJたちが、集まってきます。
私が好きなDJ・R3hab(リハブ)も来日したということで、長らく一度は行ってみたいと思っていました。

アゲハの注意点としては、まずコインロッカー(300円で使用可)が入場の外にある点。
入場した先にもコインロッカーがありますが、少数ですので、念のために外で荷物をあずけておくのが、オススメです。

どこもそうですが、クラブは20歳以上で入場可。
入場にはマイナンバーカード、住基カード、パスポート、免許証などの顔写真つき身分証明が必須。
入場料はアゲハの場合、3000円から5000円程度。
中でなにか飲食をする場合は、そのお金も必要です。

つまりコインロッカーに荷物をあずける前に、顔写真つき身分証明、入場料・飲食代などのお金、携帯などを荷物からだしておく必要があります。
それらのものを、すべて服のポケットにいれられるのが、一番身軽でオススメです。

営業時間は夜23時~翌朝6時頃まで。
金曜・土曜はほぼ毎週営業しています。
他のクラブとくらべると、完全に夜行性向け。
終電前に帰るということができませんので、注意します。

渋谷のクラブキャメロットなどと比べると、やはり大きさが桁違いです。
それにより分煙が徹底されており、タバコ嫌いには嬉しい設計となっています。
クラブというと、どこもタバコのにおいがきついのが普通なので、そこはアゲハの利点です。

会場は4つあり、中でもアリーナゾーンが規模が大きいです。
会場が広いぶん、おいてあるウーファー機材も非常に大音量ですので、適度に外にでて、騒音性難聴には気をつけます。
実際だいぶ鼓膜がやられます。

大物DJの担当する曲だと、だいたいDJに近い前のスペースは身動きとれないくらいキッツキツになりますので、踊りたい人は後ろに移動するなどの工夫が必要です。

あとはやはり、こういうところですと質の低い客も多いですので、絡まれないように注意が必要ですね。

今回のトリは、DJ・JUICY Mでした。

Pocket

奥秩父・芝桜と大滝温泉

Pocket

先日は西武秩父の羊山公園で、芝桜を見てきました。
季節的に天候がよく、なおかつ芝桜の見頃という日を見出すのが桜以上に難しいですが、しっかり晴れてくれて、よかったです。

ついでに今回行ってきたのが、奥秩父の駅では最西端の三峰口駅。
その先にある、日帰り温泉の大滝温泉遊湯館。
そこからさらに西にいけば、もう山梨も近いという場所です。

御花畑駅(西武秩父駅)から三峰口駅を走る秩父鉄道の本数がただでさえ少なく、さらに三峰口駅から大滝温泉までいくバスも、非常に少ないです。

三峰口駅は想像以上になにもなく、暇をつぶせる店もありませんでした。
そのため三峰口駅をおりたあとは、近場のタクシー営業所から電話でタクシーをよび、大滝温泉へ直行。
節約的に大滝温泉にいくなら、西武秩父駅から直接バスにのってしまうか、しっかり鉄道とバスの時間を調べてからいくのが、オススメです。

大滝温泉遊湯館自体は、泉質は悪くありませんでしたが、マッサージ機が古かったり、館内の食事処がさびれていたりと、私的なトータルの評価はそこまで大きくありません。
同じ日帰り温泉でも、以前行ってきた長瀞にある満願の湯のほうが、規模は大きいです。
ただ奥秩父の最果てで、山々に囲まれながら入る温泉の風情は、しっかり楽しむことができます。
帰りのバスも17時頃になると最後ですので、のりすごさないように気をつけます。

西武秩父駅前では最近「祭の湯」という温泉施設ができ、それにともない飲食店も豊富になりました。
手頃に温泉に入りたい人は、こちらのほうがオススメです。

最近西武池袋線では、Sトレインという新しい有料特急が作られました。
平日は所沢から有楽町線方面、土日は西武秩父から副都心線・東急東横線・みなとみらい線まで直通する特急です。
有楽町線内での特急電車ということで、ディズニーランドなどに行く場合は有益だなと一瞬感じましたが、よく考えると有楽町線内には特急・急行を通過待ちできるホームがほとんどないため、結局のところ、あまり所要時間をカットできるような感じではありませんね。

Pocket

鬼怒川温泉旅行記

Pocket

今回は栃木県北部の鬼怒川温泉に、お邪魔していました。

都民が春休み中に近場で露天温泉つき客室を予約しようとすると、やはり関東圏では箱根や草津は、殿様商売状態。
空室もないうえに割高です。
そうしたときには、鬼怒川温泉などがひとつの選択肢となってきます。

鬼怒川温泉駅前では、足湯(無料)ができます。

山に囲まれた秘境という感じで、栃木県の天気予報よりも気温が低めですので、行く場合は厚着をしていくのがオススメです。

(1)東武鉄道「特急スペーシア」の個室の評価

鬼怒川温泉にいくには、東武鉄道の特急スペーシアを使います。
この東武スペーシアの面白いところは、個室(コンパートメント席)がある特急電車であるということ。
個室のある電車というのは、日本では10車両くらいしか存在せず、特に関東ではJRスーパービュー踊り子(伊豆)、東武スペーシア(鬼怒川)、小田急ロマンスカー(箱根)の3種類です。
かつては新幹線でも個室の取扱がありましたが、現在ではありません。

子供同伴の家族旅行にはもちろん、カップル等でくつろぎたい人にもオススメの、特急車両の個室です。
今回私も、こちらの東武スペーシアの個室を利用してきました。

4人まで座れ、衣類をかけることもできます。
個室なので、もちろんドアがしっかりしまります。

今回は2人で利用したので、座席ふたつを利用して、寝転がることもできます。
私のように酔いやすい人には、大変助かります。

この特急スペーシアの個室料金ですが、普通料金・特急料金を別にすると、人数・距離に関係なく、3090円の定額ですむのが良いところです。
人数が多かったり、走行距離が長いほど、お得に使うことができます。
浅草駅や北千住駅を起点にして、東武日光や鬼怒川温泉にいくときには、有効活用できます。

なお池袋や新宿からでているJR直通のスペーシアでは、この個室料金が高くなることに気をつけます。
また土日祝でも、値段があがるようです。

個室の予約は、原則ネットからは不可能。
東武鉄道への電話でおこないます。
私は今回北千住駅からの乗車で、偶然個室があいていましたので、特に予約もなしで、北千住駅で特急券の発券と一緒に個室をつけ、そのまま乗車しました。
日によっては個室がうまっていることも多いようで、金曜日の帰りの鬼怒川温泉駅からだと、個室をつけることができませんでした。
確実に個室を確保したいのであれば、電話での予約がオススメです。

東武鉄道は2017年4月から大々的にリニューアルをおこなうようで、特急もいままでは鬼怒川温泉駅どまりなのが、福島県の会津田島駅までいけるようになるようです。

(2)ホテル「リブマックスリゾート鬼怒川」の評価

今回利用した旅館は、リブマックスリゾート鬼怒川です。

露天温泉つき客室ということで、こちらを選択しました。
メリットとしては、まずだいぶ割安であること。
そのわりには、スイートの部屋が55平米と広いです。
露天温泉だけでなく、マッサージチェアも部屋に常備されています。
部屋で気軽に温泉に入れ、マッサージもできるというのは、ポイントが高いです。

ホテルのホームページではわかりにくいですが、客室の露天風呂もすべて温泉仕様で、「釈迦の湯」です。
ちょっとした欠点としては、いちいち自分で温泉の栓をまわさないといけない点。
連泊で部屋掃除をホテルにさせる場合、毎回温泉を清掃員にぬかれますので、また入れ直さないといけない手間はあります。
とはいえ、またすぐに温泉はたまりますので、そこまで大きいデメリットではありません。
これまで野沢温泉村、伊豆急下田などの露天温泉つき客室を利用してきましたが、これらは客室でも源泉かけ流しで、温泉が自動的にずっと流れていたので、ちょっと気になりました。

湯船が陶器なので、深夜以降に入ろうとすると、最初はやや肌寒いです。
しかし長時間入っていると、問題なくなってきます。
本来お風呂は少しぬるめで長時間入ったほうが体には効きますので、そうしたことを考えると、些細な問題でしょう。

鬼怒川温泉はあまり硫黄臭はせず、全体的に肌にやさしめですので、私のような敏感肌・乾燥肌にもオススメです。

あとは客室、大浴場共にそうですが、シャワーの勢いが全体的に弱いですね。
客室で体を洗うときはシャワーでなく、湯桶を使って温泉で体を洗い流すほうが、手っ取り早いです。

食事は朝夕ともにビュッフェ形式。
豪勢というわけではなく普通といった感じですが、卵が新鮮だったりトマトが高級だったりと、地味な気配りがあります。
ただ私の場合、あまり体にあわなかったのか、食べたあとにはときどき腹痛が発生。
胃の弱い人は、気をつけたいところです。

鬼怒川温泉は山で囲まれており、付近に店がないことを想定して朝夕の食事をつけましたが、こちらの食事をなしにして、ホテル料金をへらすことも可能です。
実際にいってみてわかったことですが、リブマックスリゾート鬼怒川の場合は、少し歩いた所にコンビニがあります。

最寄り駅は鬼怒川温泉駅からひとつ下の小佐越駅。
ホテルへは、歩きで10分程度です。
特急が停車しない駅で、鉄道が1時間に1本程度ですが、4月からは前述の東武鉄道のリニューアルによって特急停車となるようなので、アクセスしやすくなります。

2人の3泊で、およそ8万円程度。
総合的に見ると一長一短ですので、こうした点からも割安料金なのはうなずけますが、露天温泉つき客室なうえに、部屋が広くマッサージチェアつきという点からも、温泉旅行の満足度をあげる最低限の仕様にはなっています。
オススメできる旅館と言えるでしょう。

● リブマックスリゾート鬼怒川

(3)観光場所

徳川家康の墓である日光東照宮は、やはり観光先として真っ先にうかびます。
リブマックスリゾート鬼怒川からだと、小佐越駅から電車にのって、下今市駅で東武日光ゆきに乗り換え。

さらに東武日光駅から「世界遺産めぐり」というバスで「大猷院二荒山神社前」までいくと、日光東照宮の最寄りとなります。
鉄道の本数が少ないので時間がかかると思いましたが、わりと行きも帰りもスムーズでした。

京都の寺院と比べると、やはり日光東照宮は全体的にケバケバしい作りで、まさに江戸時代という感じです。
3代将軍・徳川家光の墓である大猷院や日光二荒山神社も、一緒にまわることができます。
なお東照宮と大猷院は、拝観料がかかります。

他には「東武ワールドスクエア」という、世界で有名な建物のミニチュア模型を集めたテーマパークがあります。
それぞれ全体的にレベルが高く、写真にしてしまうと、わりと本物と見間違えます。

リブマックスリゾート鬼怒川から歩きで行くことも可能。
その足で、東武ワールドスクエアからバスで鬼怒川温泉駅までいって、そのまま特急電車で東京に帰ることもできます。
実際私はホテルでチェックアウト後、こちらの東武ワールドスクエアを見てから、帰路につきました。

その他、「とりっくあーとぴあ日光」というトリックアート展もあり、こちらにお邪魔してきました。

余談ですが、鬼怒川温泉の帰りは浅草から近いスカイツリーに行きました。
雨が降っていましたので、日中はあまり景色が映えませんでしたが、夜になるとまずまずの光景、といった感じです。

Pocket